陰キャラ王子の成長記

承認欲求は必要ない

f:id:sugarsong:20181114233924j:image

 

承認欲求に支配されたら、人の都合のいいように動かされる。

 

 

承認欲求は必要ない

 

自分の好きなことをしたいなら、承認欲求に縋らないほうがいい。

 

母親からの愛が欲しいから、母親の言うとおりにする。

内申点を上げたいから、先生の言うとおりにする。

 

褒められたいから頑張るの?

怒られたくないから頑張るの?

 

褒めるのも怒るのも支配のコミュニケーションです。

アメとムチはいらない。

感謝や信頼があれば、それでいい。

 

president.jp

 

 

承認欲求には抗えない

 

承認欲求は人の欲求の一つ。

承認欲求は必要ないなんて思うことは難しい。

 

わたしだって、承認欲求の塊です。

・尊敬されたい

・感謝されたい

・人の役に立ちたい

・褒められたい

 

承認欲求に抗うことは、とても難しいです。

 

 

自分で自分を認めるというアプローチ

 

人からの承認欲求に縋らないようにするには、自分で自分を認めてあげるのがいいです。

 

自分で自分を認めることは、2つの方法があると思います。

 

①小さな目標を乗り越えていって、自信をつける

自信をつけ自尊感情を高めれば、自分を認めることができます。

 

②今、この瞬間に自分を認める

わたしは素晴らしいと思う。この瞬間に自分を認めてしまう。

そうすれば、ここからスタートすることができます。

 

www.incharaoji.com

 

②が重要だと思いますが、①もしていかないといけないという気持ちは強いです。

 

 

自分の好きな方に進む

 

今は、承認欲求なんて必要ないという思いが強いです。

それは、自分の好きなことに進みたいという気持ちが強いからだと思います。

 

今、所属している組織で承認欲求を求めると、墓穴を掘ることが見えています。

 

ブログというコミュニティを持っていることも重要かもしれません。

 

所属しているコミュニティで承認欲求を得ることができなくても、いずれブログで承認欲求を得ることができるかもしれない。

 

そのために冒険している最中です。

 

進んでいきます。

 

 

それは本当にやりたいことなのか

 

やりたいことが、本当にやりたいことなのか確認することは必要だと思います。

 

もしかしたら、誰かに褒めて欲しいからやることかもしれません。

 

承認欲求の罠にはまっていますね。

 

褒めて欲しいから、やりたいという気持ちもあると思います。

その気持ちを否定することはできません。

 

それほど承認欲求は強烈だと思います。

 

わたしも承認欲求については、もっと考えていきたいですね。