陰キャラ王子の成長記

Twitterワールドが全てじゃない

DaiGoさんの動画を見ました。

 

www.youtube.com

 

 

 

 

ハードルを下げること

 

例えば、「自信があるように振る舞え」って言葉ありますよね。

 

・自信があるように振る舞えばその通りになる

・錯覚資産で周りがすごいと思う

 

みんな卑屈な人間よりポジティブな人間の方が好きだし、いかにも「自信があるように振る舞え」って良さそうですよね。

 

sugarsong.hatenablog.com

 

自信満々に生きれば「バーン!」と行動できそうですが、わたしには向いてなかったです。

 

無理に良いように見せようとして、ハードルを上げていた。

 

根拠のない自信より、成功体験による自信。

 

成功体験をるためには行動が必要だ。

 

行動をするためには、徹底的にハードルを下げる。

 

 

Twitterは情報収集で使う

 

Twitterでネガティブなことを書かずにブランディングできる人はすごいと思います。

 

それで裏アカでネガティブなことを書く。

 

本アカのフォロワーが多く、裏アカのフォロワーは少ない。

 

やっぱり、リアルでもネガティブなことは言わん方がいいのかなと感じるけど、Twitterワールドは情報収集で使ってる人も多い。

 

Twitterを使う目的が情報収集ならば、他人のネガティブツイートなんていらない。

 

でも、リアルで人と仲良くなるためには、ネガティブな面も必要だ。

 

完璧な人とは仲良くなれない。

 

ネガティブな面をさらけ出すことも重要だろう。

 

 

Twitterワールドが全てじゃない

 

Twitterを情報収集に使っていると、魅力的でカッコいい情報がたくさん流れてきて、自分なんかが発信することは無いと思ってしまいますよね。

 

ハードル爆上がりです……。

 

フォロワー数が多い人が魅力的なわけじゃないですよ。

もちろん、魅力的な人はフォロワー数を増やすことのできる可能性は高いけど。

 

フォロワー数の多い人は、

①ネガティブなツイートはしない

②コミュニティに顔を出す

③情報をしぼり、専門誌化する

④キャラを作る

 

などやることはやってる。

 

これはもうビジネス。

 

魅力度の勝負じゃないんだ。

 

r25.jp

 

前澤さんが評価経済」より「感謝」、フォロワーが少なくても人の役に立っている人はいっぱいいるって言いてたけど、その通りだと思います。

 

 

なんて、色々と書き連ねてきたけど、Twitterに毒されすぎでしょうか?

 

Twitterのフォロワーが増えず、自分には魅力が無いと思っている人に届け。