陰キャラ王子の成長記

時間にゆとりを持ちすぎない

 

時間にゆとりを持ちすぎない

 

 

 

部活動と勉強との両立

 

部活動と勉強の両立はすごいと言われますが、帰宅部の人より部活動をしていた人の方がテストの点が良かった気がします。

 

部活動をしていたら、勉強する時間は部活後や授業中など限られてきます。

そうすると、部活後は集中をして勉強をするし、授業は真面目に取り組みます。

 

帰宅部の人は、時間が有り余っているから、家に帰ってもテレビを見たりゲームをしたりしてしまうんですね。

 

時間にゆとりを持ちすぎるとだらけてしまいます。

 

切羽詰まっている方が、締切にも追われますし、効率は良いと思います。

 

 

電車でブログを書く

 

家にいてずっと作業をする方が物事を進めることができるように思えます。

 

ですが、ネットサーフィンをしてしまったり、いつの間にか時間は過ぎてしまっているんですよね。

 

家にいるより、外出してしまった方が効率的に仕事ができます。

 

観光をしているときは、電車移動中にブログを書いたり、休憩中にTwitterを投稿したり、時間は少なくてもすきま時間でやるから効率が良いんですよね。

 

そう考えると、家で作業をするより、コワーキングスペースやお気に入りのカフェで仕事をするのは捗るかもしれませんね。

 

筋トレでも、ジムが遠いからといって家でやるより、ジムまで行って集中する方が効果があるような気がします。

 

家で時間をかければ良いってもんでもありません。

 

 

締切効果

 

家で長いことやっていても、効率が悪いです。

 

夏休みが終わる前にバァーっと宿題を片づけたように、締切が無いと人はやらないんですよね。

 

電車で目的の駅に着くまで集中してブログを書くというのは、集中できて良いです。

 

2時間以上自転車を止めておくとお金がかかる駐輪場に自転車を止めておいて、マクドナルドでブログを1本書くことを何回かやりましたが、捗りました。

 

 

移動すること

 

移動をすると勝手に締切効果が生まれます。

 

引っ越しをしようと思うと、それまでに片づけなければなりません。

 

出かけると、電車の待ち時間、電車の移動時間、休憩時間、外食の待ち時間など、すきま時間が生まれます。

 

動いて、時間が少なくても効率よく物事を行いたいと思いました!